イエマドメンバー
こんにちは ゲスト さん

メンバーはこちら

ログイン
今すぐ新規登録(無料)

イエマドメンバーとは?

マイページへ

QRコード

イエマド携帯サイト

いつでもどこからでも
携帯でアクセス!

今月のプレゼント
山口雅弘と山口玲以子の「はじめて家を建てる奥様へ」
マイホームを
お考えの奥様へ

抽選で毎月10名様に
プレゼント!

山口雅弘と山口玲以子の「はじめて家を建てる奥様へ」

ログイン
  • ホーム
  • プロに聞く! 坪単価の落とし穴とは?
プロに聞く!
坪単価の落とし穴とは?
イラスト

週末になると、あなたが読んでいる新聞にも住宅会社のチラシが入るでしょう。どれもカラフルなチラシで、魅力的な外観やキッチンが目の中に飛び込んでくると思います。チラシには、住宅の価格が掲載されています。

実は、住宅の価格表示には、特定の決まりがありません。
坪単価○○万円と表示されていても、その価格の中にどんな部材が含まれているのか、どんな仕様になっていないといけないのか、という決まりがないのです。

決まりがないので、住宅会社はそれぞれ自分の会社のやりやすいような価格表示をすることになります。ここに落とし穴があります。

例えば、あなたが40坪の家を建築するとします。
A社は、坪単価36万円でコミコミ。
B社は、坪単価30万円ですが、オプション(120万円)、カーテン+照明器具(60万円)、
水道工事(160万円)がオプション工事。

A社とB社は、まったく同じ仕上がりの家を建築する住宅会社だとします。あなたなら、どちらの住宅会社を選びますか?

A社:40坪×36万円=1440万円
B社:40坪×30万円+120万円+60万円+160万円=1540万円

この計算によると、A社の方が100万円安いということになります。
しかし、チラシの価格では、坪30万円のB社の方が安く思えます。このような価格表示のカラクリを知らないと、見かけの値段でB社を選んでしまうのです。もちろんそれに気がつくのは、引渡しをした後のことです。

お隣の奥さんとは家の価格について話さないでください。そのときになって後悔しても、取り返しはつかないのですから。

本当に安い家はどっち? 本当に安い家はどっち?
本当に安い家はどっち? 本当に安い家はどっち?
本当に安い家はどっち? 本当に安い家はどっち?