イエマドメンバー
こんにちは ゲスト さん

メンバーはこちら

ログイン
今すぐ新規登録(無料)

イエマドメンバーとは?

マイページへ

QRコード

イエマド携帯サイト

いつでもどこからでも
携帯でアクセス!

今月のプレゼント
山口雅弘と山口玲以子の「はじめて家を建てる奥様へ」
マイホームを
お考えの奥様へ

抽選で毎月10名様に
プレゼント!

山口雅弘と山口玲以子の「はじめて家を建てる奥様へ」

ログイン
  • ホーム
  • 間違いだらけの保険選び 「家づくり」と「生命保険」にいったい何の関係があるの?
間違いだらけの保険選び

「家づくり」と「生命保険」にいったい何の関係があるの?

そうお思いの方は多いと思います。

しかし「家づくり」を検討される多くの方にとって「生命保険」は深い関係があります。生命保険は人生の大きなイベントの際に「見直し」をしていく必要があるのですが、なかでも家づくりをする時はとてもいい機会なのです。なぜなら・・・

  • マイホームを手に入れる時期は家族の将来のことが決まってくる時期だから
そして・・・
  • 多くの方が「住宅ローン」を利用するから

住宅ローンの契約の際には必ず生命保険に加入します。これは住宅ローンを契約した人が亡くなってしまいローン返済が不可能になった場合に、生命保険でローンを完済してしまうことを目的としています。この生命保険のことを団体信用生命保険(略して団信)といいます。

ほとんどの金融機関で団体信用生命保険は必須としています。つまり、保険に入れない健康状態の人は住宅ローンを借りられないこともあるのです。健康はお金では買えません。大切にしてください。

ところで、「持ち家」の方と「賃貸」の方では一家の大黒柱が亡くなった場合に必要となる生命保険の保障額が大きく異なることはわかりますか?

具体的な例で考えてみましょう。「賃貸」で家賃8万円の家に住んでいた場合、収入を担っていたご主人が亡くなった場合でも、その後ずっと家賃を払い続ける必要があります。奥様が40歳の時にご主人が亡くなり、そのあと奥様が80歳まで生きたとすると

8万円×12ヶ月×40年=3840万円が必要になります。

一方「持ち家」の場合はローンの支払いが残っていても先ほど説明した団信に加入しているので、それ以後は返済する必要がなくなります。必要なのは、今後の固定資産税などの固定費とリフォームや修繕のための積み立てです。この費用は場所によって、異なりますが、多めに見積もって年間20万円として

20万円/年×40年=800万円となります。

この2つの簡単な試算からでも「持ち家」だと必要な保障が約3000万円も少なくてよいことが分ります。現在35歳の人が3000万円の生命保険に加入するにはざっと5,000円くらいの保険料が必要でしょう。

つまり真剣に見直しを考えれば月々5,000円、 1年6万円、20年で120万円の保険料を削ることも可能なのです。マイホーム取得時に生命保険を見直すことで約100万円も節約できることを理解しましょう。

もちろんローンの金利と一緒にこれだけの保険料を銀行に支払っていると考えるべきですが・・・。
いずれにしても「家づくり」と「生命保険」の密接な関係がお分かり頂けたと思います。

まとめ
「マイホームと生命保険をセットで考える」