理想のキッチンとは…

前回はキッチンのスタイルについて説明しましたね。今回はさらに細かな部分についてです。

キッチンで使うもの

キッチンで使うもの・・・数え切れないくらいにたくさんのものが必要ですよね。
実はキッチン計画で最も大切なのは、それを効率的に取り出しやすい位置に的確に収納することです。
もう少し具体的に考えてみましょう。

とにかくキッチンに“収納したい!”と思うものをまずは書き出してみましょう。
ものの種類と量をできるだけ詳しく分類して書き出してみます。

これはとっても大変な作業ですが、ぜひがんばってやってみて下さい。

なぜなら収納スペースは無限ではないから。そしてものは必ず増えてゆくからです!

書き出してみることで、全くいらないもの(使っていないもの)を整理する絶好のチャンスにもなり、
一石二鳥なのです!

  • 食器(細かく分類しましょう)
    日常的に使うもの/大きなサイズのもの(大皿や散らし寿司用のなど)/
    来客用のもの/年に数回しか使わないもの
    photo
  • photo
    お箸、カトラリー、箸置きなど
  • 茶たく、コースター
  • ボール、ざるなど
  • 貯蔵用容器(タッパーなど)
  • 調理用道具
    包丁、ナイフ/はさみ、スライサーなど/へら、おたま、泡だて器など/
    お菓子造り用の型など
  • お鍋、フライパンなど
  • 調理用電気製品(寸法も測っておきましょう)
    photo 加熱機器(炊飯器、トースター、電子レンジなど)/
    電動機器(ミキサー、ブレンダーなど)/
    保温機器(電気ポットなど)
  • 調味料
    味噌、しょうゆ、酢、みりん、酒、油など/スパイス類、塩、砂糖など
  • photo
    常備している食材、保存食など
  • 常備しているお菓子、甘味など
  • 常備している飲み物、お酒など
  • キッチンタオル、ラップ、紙ナフキン、エプロンなど
  • 家計簿、伝票、料理のレシピ本など

さらに大切なのは、ピックアップの際に、例えばコンロで使用するのは鍋、おたまといったように、
それをどこで使用するのかを同時に考えることです。

そうすると収納する場所もはっきりと決まってくるので、収納計画がより具体的になります。

最後に、忘れがちなのがゴミ箱の定位置です

なくてはならないものなのに、出しっぱなしになったり、作業の邪魔になったりでは不便ですね。
当初の計画から置き場所を確保することです。

photo
写真提供/
株式会社ミカド
  • キッチンの一部に組み込む

例えば、シンクに近いところに生ゴミ。キャスター付なら移動できて便利です。
においが気になるのでふた付のものを。

  • ゴミ箱コーナーを作る

キッチンの一角にスペースを確保してゴミコーナーを作ります。
市販の棚やDIYでもOKですよ。

パントリーのすすめ

photo
「写真左は幅900×奥行き450、
写真右は約1畳分のスペース」
写真提供/株式会社ミカド

今まで見てきた全てのものをキッチンのみで収納するのは大変なことですよね。そこでおすすめなのがパントリーです。これでかなり使い勝手が違います。

左のようなタイプであればちょっとしたスペースでも設置できます。

スペースに余裕があれば右のようなウォークインタイプもお勧めです。

次回は理想のキッチン第三弾、ビルトイン機器
種類が多く、何を入れたらいいのかみんなが悩む、IHや食洗機についてです。お楽しみに!


(続く)