イエマドメンバー
こんにちは ゲスト さん

メンバーはこちら

ログイン
今すぐ新規登録(無料)

イエマドメンバーとは?

マイページへ

QRコード

イエマド携帯サイト

いつでもどこからでも
携帯でアクセス!

今月のプレゼント
山口雅弘と山口玲以子の「はじめて家を建てる奥様へ」
マイホームを
お考えの奥様へ

抽選で毎月10名様に
プレゼント!

山口雅弘と山口玲以子の「はじめて家を建てる奥様へ」

ログイン
理想のキッチンとは…

理想のキッチン・・・。これは本当にひとりひとり違いますよね。

皆さんも一番悩むのがキッチンではないでしょうか。ましてや理想のキッチンとなれば難しい!
何をどう考えれば良いのか、少し参考になるお話をしていきたいと思います。

1.キッチンの基本形

まずはキッチンの配置から。基本は1型、L型、U型、2型の4パターンです。後はこのタイプの変化形となります。例えばアイランドカウンターをプラスするのもそのひとつですね。また、この4パターンとともに、オープンか、クローズかもしくはセミクローズか、という選択肢が加わります。

1型

最も一般的な配置ですね。キッチン作業の基本を成すシンク、コンロ(IH)、冷蔵庫を1列に並べたものが、1型と呼ばれます。横1列で並べるため長くなり易い傾向があります。

この場合、移動距離が大きくなりすぎると使いにくいので、キッチンの幅を2700mm前後に抑えるのがポイントです。 冷蔵庫を含め3500mm以内になるように計画します。

1型

2型

2型

2型は、シンクと加熱機器部分を分けて2列にするタイプです。この場合、1型と比べて横に移動する距離は少なくなるので、作業の効率が良くなります。

ただし、振り返って作業することが多くなるので、シンクの真後ろに加熱機器があると危険です。安全のために位置を少しずらしておきましょう。二人で同時にキッチンに立つのであれば2列の間隔は1200mm程度が良いでしょう。

L型

シンク、加熱機器、調理スペースがL字型に並ぶレイアウトです。
シンクと加熱機器がL字の両側に振り分けられるので、動線が短くなります。また、真後ろを振り返ることもないので、作業がしやすくなりますね。コーナー部が調理スペースとなります。
ただしコーナー部分のカウンター下収納にデッドスペースを作らない工夫か必要です。

L型 L型

U型

U型

シンク、加熱器機、調理・配膳スペースをU字型に配置するレイアウトになります。調理スペースや収納を多く確保でき、作業効率にも優れています。

このレイアウトはスペースを必要としますので注意が必要ですが、U字の中央は900~1200mm程度の狭さにするほうが動く距離を短縮できます。

4パターンの配置に共通して言えること

ワークトライアングル

それは、作業する際の距離や動きをきちんと考えることです。シンク、調理機器、冷蔵庫の3点を結んだ線をワークトライアングルと言い、キッチンの作業動線の良し悪しをチェックするための目安になります。

各辺が長すぎると動きにムダが出ますし、短過ぎると調理、配膳、収納のスペースが足りなくなります。一般的には3辺の合計を3.6mから6.程度に収めるのが適切とされています。ただし1型の場合前述したように、3.6を超えると使いにくいので注意が必要です。

トライアングルの近くに、食材や食器の収納、電化製品置場、配膳用のカウンター等を配置していきます。
このとき決して忘れてはいけないのがゴミ箱の定位置を確保しておくことです。
これは忘れがちですが大事なことですのでくれぐれもご注意を!

2.オープンかクローズか

配置とともに悩むのがオープンか、それともクローズか・・・ということですね。それぞれに長所と短所がありますので、ちょっとあげてみましょう。

オープンタイプ

オープンタイプ
写真提供/株式会社ミカド

来客が多い、小さな子供の世話をしながら料理をする、調理中も家族との会話を楽しみたいなどのご希望をお持ちの方に。人気のアイランドなどもこのタイプですね。

  • 長所:家族とのコミュニケーションがとりやすい、調理から配膳の動線が短く働きやすい、
    様々な方向から使用できるため複数で作業できる。
  • 短所:調理の煙やにおいがまわりやすい、常にきれいにしておかなければならず大変。

セミクローズタイプ

オープンタイプほど見えすぎず、適度なコミュニケーションが可能なこのスタイルは、現在までの主流となっています。

オープンスタイルの短所である煙やにおいも壁を一部に設けることで改善され、手元も隠せるため安心です。

つり戸棚をなくせばより開放感が生まれます。

セミクローズタイプ
写真提供/株式会社ミカド

クローズドタイプ

クローズドタイプ
写真提供/株式会社ミカド

本来は最もオーソドックスなタイプなのですが最近は減ってしまっています。

  • 長所:キッチンからの煙、音、汚れなどの全てに気を使う必要がない、調理その他の作業に専念でき、快適な空間となる
  • 短所:ダイニングへの動線が長い、孤立感がある

いずれにしてもキッチンは家の数だけあるもの。
快適なキッチンを目指して、後悔のないキッチンを作りましょう。

最後にけっこう忘れがちなのがゴミ箱の定位置です。こういう細かいこともキッチンでは大切です。
次回はその辺を詳しくお話していきますね。

(続く)