住宅事例や家づくりのお役立ち情報満載!
子育て世代のための家づくり応援サイト
ieMADO[イエマド] TOPページ > 住宅事例 > リビング中心の生活動線で家族みんながつながる平屋

リビング中心の生活動線で家族みんながつながる平屋

明るい外観とは対照的にリビングをはじめとする室内はダークブラウンを基調とした落ち着ける空間に。北側のキッチンにも窓を配置したため、リビングからの風が気持ち良く抜ける。中央の引き戸を開けると寝室や子ども部屋に続く廊下へ。
2018.08.28/イエマド編集部

イメージに限りなく近づけて理想のお家を叶える

切妻屋根が印象的なデザイン。建物に高さを設けることで堂々とした外観が印象的。壁が間延びしないようアイアン飾りをアクセントにした。

以前は集合住宅の2階で暮らしていた赤羽様ご家族。一番年下のお子様が歩くようになり、のびのび子育てがしたいと家づくりを考え始めました。

知人の紹介で、ご長女が転校する必要のない小学校学区内の土地が見つかりました。その土地所有者が描いた「ここに建てるならこんな家」という外観や間取りのイメージ図は、ご自身が希望していた平屋だったため、「この通りにつくってほしい」とデバイス・ホームに依頼したと言います。

「土地のことを知り尽くした方のプランだったので安心でしたし、その方とデバイス・ホームさんは十年来のお付き合いがあったので、ほかの住宅会社は探さずにお任せしたんです」と奥様。

玄関ホールの奥にトイレ、その右側に洗面脱衣室を配置。玄関横に設けた土間には大きめの窓を設置し明るい。灯油タンク、雪かき用の道具など季節のものも収納。

室内は24時間換気で結露の対策も万全。リビングダイニングに極力ものを置かずすっきりさせたのは、掃除のたびにものを移動させる手間を省くため。細々としたものは和室や廊下に設けた収納へ。正面の引き戸から玄関や水回りに続く廊下に。

シンクとカップボードのシンメトリーな配置が美しいキッチン。奥様が家事をしやすい高めのシンクに合わせて、レンジフードの高さも上げた。

お子様に「正座の経験をさせたい」との想いからリビングの続き間に和室を設けた。客間としても使えるように廊下側へ出られる引き戸も。

洗面脱衣室と浴室は白と木目調を活かしてシンプルに。浴室の床は磁器タイルなので傷つきにくく滑りにくい。床を傾斜させているため排水もスピーディー。

トイレは、収納を壁へ埋め込み式にすることで無駄な棚を増やさず空間がよりすっきりした印象に。正面の窓と白を基調とした壁紙で明るい。

真ん中にリビングを配置して寒さにさらされない工夫を

完成したお住まいは余裕を持って暮らせる一方で、広すぎません。ご家族で過ごすことの多いリビングにはできるだけ大きなスペースをとり、リビングを通らなければ自室に行けない動線に。「帰宅したときに子どもの表情を見れば変わったことがないかわかりますし、思春期で会話がなくなったとしても些細な変化に気づけます」。

リビングは真南からより多くの光を取り込めるよう横長に。LDKを間取りの中心に、その向こうには子ども部屋と寝室エリア、手前には玄関と水回りエリアを挟んで配置しました。「リビングが家の真ん中にあるからなのか、和室の襖を開け放っても寒くなることがありません」と奥様。

また、高さのある切妻屋根なので天井裏にスペースが生まれます。その部分に断熱材をしっかり入れることで、暑さや寒さが室内に伝わりにくい構造に。構造見学会に足を運んだ際、「その点も説明してくれたので心強かった」と振り返ります。

「予算に上限がないなら話は別ですが、理想通りに建てるのは難しいと思います。でも、デバイス・ホームさんは水回りや収納の位置をはじめ、当初のイメージ図を調整しながら限りなく私のイメージに近づけてくれました」と奥様が語ります。

リビングダイニングを楽しそうに走り回るお子様を優しく見守る奥様。新しい住まいを舞台にご家族のかけがえのない思い出が、日々増えていくことでしょう。

プラスアドバイス

収納するものに合わせて 棚の高さを固定
廊下に設けた収納は棚の高さを通常より高くしてもらいました。掃除機をバラさずにそのまま収納できるので便利です。収納は先に入れるものを決めて、そこからサイズや棚の高さを逆算するとイメージ通りに使えます(奥様)。

北側と西側の二面に窓をとることで明るさをカバーしたお嬢様の部屋。机やベッドを置くことを考慮して腰高窓を採用した。「女の子だから洋服も増えるでしょう」という奥様の配慮から、ほかの部屋よりクローゼットを広くとった。

将来、ご長男の部屋として使う予定の部屋は、廊下を挟んで和室の向かい側に。現在は洗濯物を干すサンルームや客間として使用している。

西に面した奥様の寝室はリビングの音が届きにくい廊下の奥に。他の部屋同様、天井の高さまである大容量のクローゼットで衣替えの手間要らず。

基礎の高さを活かして真南のリビング前に縁側を。屋根と壁に囲われているので、雨の日も洗濯物が濡れにくい。掃き出し窓は4枚引き戸。一枚一枚のガラスは小さいが風圧への耐性は高い。

デバイス・ホームの管家さん(左)と渡部さん(右)、担当の酒井さん(右から2番目)とご家族。「細部までプロのアドバイスがいただけました」と奥様。

取材・文◎十倉和美
撮影◎土居政則

紹介したお家の基本情報

構造:木造
延べ床面積:92.74㎡
階数:1階

工務店情報

会社名:株式会社デバイス・ホーム
http://www.luckydakara.com

所在地:
【本社】福島県会津若松市南千石町3-12
【郡山店】福島県郡山市桑野2丁目25-11Fビル102
【いわき店】福島県いわき市小名浜字古湊91

連絡先:
【本社】0242-29-8781
FAX:0242-29-8791
メール:info@luckydakara.com

【郡山店】024-954-6466
FAX:024-954-6465
メール:koriyama10@luckydakara.com

【いわき店】0246-84-6700
FAX :0246-84-6701
メール:iwaki10@luckydakara.com

間取り

room1